どんなことも法律で解決!|法律プロフェッショナルな弁護士へSOS

離婚にも費用

費用はどれくらい高いのか

離婚費用は一般的に高いというイメージを持たれていますが、そのほとんどが弁護士費用です。果たしてどれくらいの相場になるのでしょうか。 弁護士によって多少差はありますが、基本料金(着手金+報酬)が40万円〜80万円程度、調停や裁判になった場合には基本料金が10万円〜20万円ほど高くなります。更に親権獲得で10万円〜20万円、慰謝料や財産分与があれば経済的利益の10%〜20%、実費や日当、旅費などが別途かかります。また依頼者の経済力や事件の複雑さによっても変わります。そのため依頼する前にあらかじめ見積もりを出してもらう事が必要です。 このように決して安い金額ではありませんが、払えない場合には法テラスによる弁護士費用立替制度があります。

依頼する弁護士の探し方

最近たくさんの離婚専門弁護士がいますから、どの弁護士に依頼したらいいのか分からなくなってしまう事も多いでしょう。 まずは弁護士会や法テラスに離婚に強い弁護士を紹介してもらうと良いでしょう。一部のベテラン弁護士は飛び込み客を嫌う傾向があります。そして何人か会ってみて比較してみることです。離婚に関する知識や経験が豊富でも、フィーリングが合わなかったらお互いにストレスになるだけです。 裏技として裁判所の開廷日を調べて、裁判のスケジュールを見るという方法があります。関与弁護士が書かれていますから、記載が多いほど実力がある弁護士、という方法もあります。 探し方は色々ありますが、一番大事なのは相性です。もし調停になると長い付き合いになるかもしれませんから慎重に選びましょう。