どんなことも法律で解決!|法律プロフェッショナルな弁護士へSOS

相続の相談

故人の遺産を受け取る場合に遺書がない場合には相続弁護士に相談する事が必要になってきます。この時には依頼費用の金額や価格傾向について検証を行っていきます。 相続専門の弁護士の報酬に関しては他の事例と少し異なっており、依頼費用に関しては相続財産額によって異なっています。遺産の額によって相続財産額の何%かを依頼料金として徴収する形となっており、この数字については遺産金によって異なります。よって相続専門弁護士の依頼費の価格傾向としては、大体の額は決まっていても正確な料金に関しては決まっていない特徴があります。あくまで遺産額がどれだけあるかによって報酬も異なるため、その点は他の案件に比べて事情が複雑になっています。

相続に関する問題や法律の知識がない人には複雑であるため、相続専門弁護士に代理として依頼をすることがあります。また事務所や団体によっては相続専門であると紹介されていることがありますが、このように認識されるようになった歴史の流れについて調べていきます。 実は弁護士にはそれぞれ担当分野が異なっており、相続専門以外にも刑事事件専門や離婚問題を中心に扱う方がいます。ですが依頼者によってはこれらの区別がされていないため、担当していない事件の弁護を依頼されるケースが昔は多かったとされています。これでは通常業務に支障をきたすことになるため、事務所などでは予め相続専門に問題解決を行っていることを事前に告知するようになります。こうすることによって依頼者も担当や専門分野が分かるため、間違えることなく正しい弁護士に依頼出来るようになります。