どんなことも法律で解決!|法律プロフェッショナルな弁護士へSOS

不動産の相続

相続登記する際に必要な遺産分割協議書

相続の問題を誰に相談するべきか悩む方は多いでしょう。普段の生活では、あまりかかわりのないことなので、いざと言う時にはわかりにくいものです。 ごく一般的な世帯において、遺産と呼べるものは自宅などの不動産が多いようです。不動産の相続には相続登記が必要です。相続登記だけであれば、弁護士の他に司法書士にもできます。相続登記するためには遺産分割協議書の作成が必要になります。この遺産分割協議書の作成であれば、弁護士の他に司法書士、行政書士にもできます。 では、弁護士でなくてもいいのではと思うかもしれません。しかし司法書士や行政書士が行うのは、あくまで遺族間の決定事項を遺産分割協議書にまとめることしかできません。遺族間できちんと分配を決めるのは当事者たちとなります。

相続専門弁護士ならではのノウハウがあります

遺産分割協議書の内容を遺族間で決めることは、意外と難しいものです。家族や親族だからこそ遠慮がない分、揉めることもあります。そういったトラブルを未然に防ぐためには、相続専門の弁護士に間に入ってもらうのが一番でしょう。相続専門弁護士ならお互いの主張を聞いて調整したり、交渉したりすることができます。直接本人同士が交渉するよりも、はるかに円満解決するのではないでしょうか。 弁護士に依頼すれば、このように代理人としての交渉ができます。もともと弁護士の業務はこの交渉事が多いので、ノウハウもたくさん持っています。ただ弁護士なら誰でもいいという訳ではありません。相続専門の弁護士に依頼することが一番です。相続専門にしているものなら、不動産関係はもちろん税金の問題にも詳しく安心できます。